事務所ブログ

2014年2月21日 金曜日

法律相談と案件受任の違い

 皆様の中には,弁護士に相談しただけで高額の費用を請求されるのではないかと心配される方がおられるかもしれません。
 しかし,法律相談と案件受任とは全く異なります(もちろん,案件受任の場合でも,常に高額な費用がかかるわけではありません。)。
 私達弁護士がご依頼の方から正式に案件をお引き受けする場合,案件受任の前に法律相談を行います。
 法律相談はあくまで法律の専門家である弁護士がご相談者に対し法的なアドバイスを行うものです。逆に言うと,法律相談のみでは,弁護士がご相談者の代理人となって活動することはありません。
 当事務所の法律相談料は30分当たり5,000円で,債務整理のご相談の場合,法律相談料はいただきません。
 このように,法律相談のみで高額な弁護士費用がかかることはありませんので,ご安心下さい。

 ホームページにも記載しておりますが,私達は,案件受任の前の法律相談を特に重視し,多角的な観点からアドバイスをさせていただいております。
 具体的には,法律相談では,①ご相談内容達成の見込み,②緊急性の度合い,③手続の流れ,④解決までの見通し及び⑤費用面等についてしっかりとご説明し,ご依頼の方,弁護士双方納得した上で,案件をお引き受けすることになります。
 したがって,場合によっては案件をお引き受けするまで,複数回法律相談される方もおられます。逆に,継続相談した結果,案件をお引き受けしないこともあります。

 また,私達3名の弁護士はいずれも独立した経営者弁護士となりますが,案件の内容によっては複数体制で法律相談に対応させていただくことがあります。
 それによって,さらに多角的な視点から法的アドバイスを提供することができると考えています(なお,複数体制でも法律相談料は変わりません。)。

 弁護士に案件を依頼するのは一生に一度か二度という方が多いかと思いますが,後で相談しておけばよかったということがないように,法律相談を積極的にご活用いただければと考えています。
   
    弁護士 小 川 武 士
  

投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30