事務所ブログ

2014年3月14日 金曜日

続 裁判の傍聴について

 裁判の種類は、大きく分けると「民事事件」と「刑事事件」があります。
 裁判を傍聴する場合は刑事事件を傍聴するのがおすすめです。
 民事事件は、証人尋問といって法廷で裁判の当事者から話を聞くこともあるのですが、ほとんどは書類のやりとりだけで終わってしまうため、傍聴しても全く面白くないと思います。
 刑事事件は、多くの場合は裁判の始まりから終わりまでを1時間程度で見ることができます(判決だけは別の日になることが一般的です。)。
 裁判を傍聴される際は、新件の刑事事件か、民事事件であれば証人尋問がいいでしょう。

 弁護士 松島俊行

投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30