事務所ブログ

2014年4月18日 金曜日

未払賃金の回収手続

賃金の支払を受けられない(未払い)部分があって、会社に請求しても支払ってくれないとき、どのような手続があるでしょうか。

一例では、裁判所を利用して、労働審判や訴訟を起こすことが考えられます。

訴訟では、訴額が140万円を超えるときは地方裁判所の管轄になりますが、140万円以下ですと簡易裁判所を、60万円以下ですと少額訴訟を利用することができます(少額訴訟の審理は原則1回で終わります。)。

弁護士山下紘司



投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30