事務所ブログ

2014年6月17日 火曜日

労働問題と残業代について

 労働問題というと、代表的なものが解雇であり、その他に労働条件の変更(賃下げなど)、各種ハラスメントの問題などがあります。
 その中で、金銭的には主な割合を占めるのが残業代の請求です。
 とはいっても、在職中は会社に対して残業代を請求するというのはなかなか難しいのが実情です。
 そのため、会社を解雇されるなど、紛争となった際に、「これまで請求できなかった残業代も請求したい」など、残業代そのものというよりも、他の問題に付随して請求することになるケースが多いと言えます。
 会社側としては、退職する従業員と紛争になることで想定以上の出費を強いられることになります。
 従業員側としては、解雇などに気を取られてしまうところですが、未払い残業代がないか忘れずチェックする必要があります。

 弁護士 松島俊行

投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 交通事故について
  • 離婚問題
  • 相続問題
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 顧問契約
  • 一般民事・その他
  • その他取り扱い分野
アクセス


大きな地図で見る

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町
4丁目241番2号 山崎第二ビル5階A

お問い合わせ 詳しくはこちら