事務所ブログ

2014年7月 8日 火曜日

過払い金請求 2 返還請求のはじまり

 利息制限法の上限を超える「グレーゾーン金利」部分の返済について、当時の貸金業法の条項などから、一定の要件のもとに有効なものと考えられていました。
 しかし、利息制限法で無効とされている金利にもかかわらず、貸金業者が貸す際には有効とされるというのはいかにもおかしな話です。
 借手の保護を求めた弁護士らの活動などもあり、最高裁判所が出した一連の判決により、有効とされる要件が非常に厳格に考えられるようになりました。
 結果としてほとんどすべての貸金についてグレーゾーン金利は認められないということになりました。
 これにより、利息制限法の上限金利に引き直し、その結果払いすぎとなったお金(過払い金)の返還を求める動きが急速に広がりました。

 弁護士 松島俊行

投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30