事務所ブログ

2014年7月14日 月曜日

過払い金請求 8 請求の手続き

 過払い金の請求の手順としては、まず相手の業者に対して、これまでの借入と返済の履歴を出すよう請求します(「取引履歴」と呼びます)。
 取引履歴をもとに、取引内容を利息制限法の上限金利で計算し直します(「引き直し計算」と呼びます)。
 その結果、過払い金が発生する場合は、相手の業者に対して請求をします。
 相手の業者にもよりますが、近年では話し合いでの解決は難しくなっています。
 よほどの譲歩をするのでなければ裁判を起こすケースが多いと言えます。
 裁判と言っても、弁護士が代理人として進めていきますので、裁判になったからといって特別に負担が増えるといったことは通常ありません。
 ただし、弁護士ではなく司法書士に依頼していた場合、請求する金額によっては司法書士では代理ができないため、裁判に自分で出廷しなければならなくなります。

 弁護士 松島俊行

投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30