事務所ブログ

2014年7月21日 月曜日

顧問契約のメリット2


顧問契約のメリットとして、案件をご依頼いただいた際に、弁護士費用の割引を受けられる点を挙げることができます。

弁護士費用(着手金及び報酬金)につきましては、通常、経済的利益を設定した上で、それを各法律事務所の備えている報酬規程に当てはめ算出することになります。

たとえば、500万円の貸金返還請求事件だと、弁護士費用のうち、着手金は以下のとおりとなります。

500万円×5パーセント+9万円=34万円(税抜)

特段の事情がない限り、弁護士費用について理由のない割引というのはされませんし、するべきでないと考えておりますが、顧問契約をいただいている企業様の関係ですと、顧問契約の範囲内で契約に従って弁護士費用の割引が適用されることがあります(案件によっては割引が適用されないケースもあります。)。

大宮桜木町法律事務所では、顧問料に応じ3つのコースを設定しておりますが、
たとえば、顧問料3万円コースだと15パーセントを上限として割り引きを受けることができます。
先ほどのケースで、着手金を15パーセント割り引きますと、以下のとおりとなります。

(500万円×5パーセント+9万円)×0.85=28万9000円(税抜)

顧問契約をしている企業様自身の紛争案件はもとより、従業員の方の案件(企業様と利益相反しない案件)につきましても、割引が適用されることがありますので、その意味でもメリットは大きいと思います。

顧問契約をお考えの企業様(特に埼玉県内の中小企業様)は、まずは大宮桜木町法律事務所までご相談下さい。

弁護士小川武士
   

投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30