事務所ブログ

2014年8月29日 金曜日

離婚と財産分与。大宮の弁護士のブログ。

財産分与には、清算的な意味合いで言われることと、扶養的な意味合いで言われることがあります。

清算的な財産分与は、婚姻中に作られた財産ならばこれを清算しようというものです。なお、特有財産(相続など)を除きます。
ここでは、清算的財産分与を取り上げます。

財産分与の対象になる財産であれば、名義を問わず、基本的に半分ずつ分けるものだと考えてよいでしょう。

お互いにきちんと財産開示をして、納得して財産分与が合意に至れば良い事です。

しかし、たとえば、「相手方は、存在するはずの財産を、無いように言っているようだ」、といった例でお困りの方も、いらっしゃると思います。
この場合、財産分与を請求する側が確たる証拠を握っていれば別ですが、そうでない限り、その分に関する請求が認められないかもしれませんので、注意が必要です。

また、プラスの財産をどう分けるかだけでなく、負債の問題、特に住宅ローンを抱える場合には、どう調整するかが問題になります。

財産分与でお悩みの方は、一度法律相談をご利用いただければと思います。

弁護士 山下紘司

投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30