事務所ブログ

2014年9月26日 金曜日

相続放棄1 相続放棄とは

 父親が多額の借金を抱えたまま亡くなった。
 こうした場合、何もしないままでいると、相続分に応じた父親の借金を相続することになり、自分が返済していくことになってしまいます。
 ですが、親には違いないにしろ、自分が作ったわけでもない借金を延々と返し続けなければならなくなるというのは酷な話です。
 そこで、相続放棄という制度が設けられています。
 相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったことになります。
 相続人ではないわけですので、財産を相続することはできませんが、借金を相続するということもなくなります。
 借金はあっても財産の方がはるかに多い場合は相続放棄することによるデメリットが大きいことがお分かりになるかと思います。
 財産が多いか負債が多いかをよく考えて相続放棄をするかどうかを決める必要があります。

 弁護士 松島俊行

投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30