事務所ブログ

2014年9月29日 月曜日

相続放棄2 申述と受理

 相続放棄は家庭裁判所に申立をすることで行います。
 不足書類などがなければ、しばらくすると家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書という書類が送られてきます。
 ただ、注意すべきことがあります。
 家庭裁判所は、相続放棄の効力が生じたことを証明してくれるわけではありません。
 あくまで、こちらが申し述べたことを「受理」、つまりは受け取りましたよということを証明してくれるだけです。
 法律上、相続したとみなされるようなことをしていた場合には、家庭裁判所に受理されているからといって相続放棄が認められるとは限りません。
 相続放棄をする際は、家庭裁判所に申立をするだけではなく、相続したとみなされるようなことをしないように注意する必要があります。

 弁護士 松島俊行

投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30