事務所ブログ

2014年11月 5日 水曜日

むち打ち・頸椎捻挫等と後遺障害等級認定

交通事故でむち打ち・頸椎捻挫等の被害を受けて、治療が終わっても痛みが残ることがあります。
治療終了にあたり、主治医が後遺症ありと診断している場合でも、後遺障害等級認定がなされないときがあります。つまり、非該当となることがあります。

その場合、1回目で認定されなくても、異議申立の手続を行うことができます。
異議を出したことで、もし認定が覆れば、たとえば後遺障害等級14級9号など認定されることがあります。
当事務所は、依頼者様を代理して、こういった異議申立の手続を行うことも取り扱っています。

もし、非該当の認定に納得がいかないなど、お困りでしたら一度ご相談ください。

弁護士 山下紘司

投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 交通事故について
  • 離婚問題
  • 相続問題
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 顧問契約
  • 一般民事・その他
  • その他取り扱い分野
アクセス


大きな地図で見る

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町
4丁目241番2号 山崎第二ビル5階A

お問い合わせ 詳しくはこちら