事務所ブログ

2014年11月18日 火曜日

刑事事件6 逮捕

 悪いことをすると必ず逮捕されるかというと、そうではありません。
 家には帰してもらえますが、後日に呼出されて取り調べを受けたり、裁判を受けたりといった在宅事件として処理されることもあります。
 例えば万引きは窃盗罪に当たりますが、特殊な事情がなければ逮捕まではされないことが多いでしょう。
 ただ、逮捕されなかったからといって処罰されないかというと、それは別の話です。
 万引きをしたのが初めてだったならともかく、過去にも何度もあったといったことにでもなると、在宅事件だったとしても裁判にかけられ、場合によっては実刑となって刑務所に入ることもあります。
 逮捕されるか在宅事件となるかは大きな違いですが、どういう場合に逮捕されるかというのは明確ではありません。 
 通常逮捕の場合は令状を取る際に裁判官のチェックを受けることは受けますが、現行犯逮捕では令状も不要なので裁判官のチェックを受けることはありません。
 現場の警察官の判断によるところが大きいのが実情でしょう。
 この程度で逮捕されるのかといった事件に出くわすこともあります。

 弁護士 松島俊行

投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30