事務所ブログ

2014年12月23日 火曜日

境界の争い4

 境界確定の訴訟を依頼した場合、弁護士費用はどれくらいになるでしょうか。

 いつものように、旧日弁連報酬基準をみますと、境界確定訴訟事件の場合は、着手金、報酬金とも、それぞれ30万から60万円の範囲内の額とされます。

 ただし、旧日弁連報酬基準は、事件の経済的利益の額に基づき算出した着手金、報酬金の額が、上記の金額を上回るときは、経済的利益に基づき算出された金額を着手金、報酬金の額とするとしています。

後者が適用されるケースとしては、係争地域の面積が大きい場合が想定されると思います。逆に、係争地域の面積が小さい場合には、前者の30万から60万円の間で着手金、報酬金が設定されることになります。

 大宮桜木町法律事務所は、境界確定の事件についても、旧日弁連報酬基準を目安にして、案件ごとに適正な弁護士費用をお示ししております。

 個人的な感想ですが、境界確定事件は、原・被告間に感情面の対立が多く見られ、裁判の期間としても、1審だけで1年から1年半はかかる印象をもっております。

大宮桜木町法律事務所 弁護士小川武士
電話 048-783-3523 メール info@os-law.jp


投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30