事務所ブログ

2015年1月 8日 木曜日

地代等の増額、減額の争い4

地代増減額請求権は、どのような要件を満たした場合に行使できるのでしょうか。
以下、土地の地代の増額請求を例にご説明します。

借地借家法11条は、地代が、概略以下のいずれかに該当し不相当となったこと、及び地代を増額しない特約がないことの2つを要件としております。

 ① 土地に対する公租公課が増額した
 ② 地価の高騰その他経済事情が変動した
 ③ 近隣の地代水準との比較で不均衡が生じた

上記要件を満たした場合に、地代は客観的に相当な額に増額されることになります。
地代の相当性については、利回り法、スライド法、差額配分法、賃貸事例比較法、公租公課倍率法といった算定方法があります。

最後の公租公課倍率法は「3倍ルール」と呼ばれたりもします。

これは固定資産税と都市計画税の合計額の3倍程度を相当な地代額とする算定方法です。算定が簡便にできることから、増額の一つの目安とされております。

大宮桜木町法律事務所 弁護士小川武士
電話 048-783-3523 メール info@os-law.jp


投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30