事務所ブログ

2015年1月23日 金曜日

地代等の増額、減額の争い11 一部認容判決とは

たとえば,5万円の地代増額を求める裁判を起こした場合,判決は,増額を認めるか,認めないかの二者択一となるのでしょうか。

この点,裁判所が双方の主張立証の内容を検討した結果,相当の地代について増額は認めるが,増額は原告の請求の一部に留まるという心証を得ることが考えられます。

たとえば,5万円の増額は認められないが,2万円の増額を認めるなどの場合です。

このような場合,裁判所は一部認容判決を出すことがあります。

一部認容判決は,確認訴訟に留まらず,損害額が争われる慰謝料請求訴訟などでもよく見られます。
というのも,損害は適正な額でなければなりませんし,損害額も訴える側が立証しなければならないからです。

大宮桜木町法律事務所 弁護士小川武士
電話 048-783-3523
メール info@os-law.jp


投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30