事務所ブログ

2015年2月28日 土曜日

自転車事故4 自動車事故との違い 手続の利用面

 交通事故に限らず,損害賠償請求を行う場合,「交渉→裁判所の手続」,もしくは「交渉せずいきなり裁判手続」というルートを経るのが通常です。

 もっとも,自動車の交通事故の場合は,交渉(多くは保険会社との交渉)が不調に終わった場合,裁判手続でなく,交通事故紛争処理センターへの申立てを検討することがあります。

 交通事故紛争処理センターの申立手続があることから,自動車の交通事故で裁判所の調停を利用するケースは少ないといってよいでしょう。

 一方,自転車事故の場合は,調停での解決を求めたり,求められることが自動車事故より多いといえます。

 これは,自転車事故の中でも自転車同士,自転車と歩行者の事故の場合,交通事故紛争処理センターの申立てが利用できない点が影響しているかもしれません。

大宮桜木町法律事務所 弁護士小川武士
電話 048-783-3523
メール info@os-law.jp


投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30