事務所ブログ

2015年3月31日 火曜日

離婚 婚姻費用9 自宅の住宅ローンと別居先家賃を二重に払っている場合

 前回と異なり,妻が別居,夫が自宅に居住しており,妻の家賃,住宅ローンを夫が負担しているとします。

 この場合,夫は,算出された婚姻費用から妻の家賃負担全額を差し引くよう求めることはできるでしょうか。

 この場合,算出された婚姻費用から妻の家賃を全額差し引くことができます。
 たとえば,算出された婚姻費用が15万円で,妻の家賃が7万だとすると,毎月支払う婚姻費用は8万円となります。

 前回の夫別居,妻自宅のケースでは,算出された婚姻費用から住宅ローンの全額をさらに差し引くことはできないと説明しました。
 妻別居,夫自宅のケースでは家賃の全額が差し引かれることになりますが,前回のケースと今回のケースは何が違うのでしょうか。

 ポイントは差し引かれる住居費が住宅ローンか否かです。
 住宅ローンの返済は,夫婦の共有の資産を形成している側面があります。これは別途財産分与で検討すべき問題といえます。
 また,住宅ローン全額が差し引かれてしまうと,婚姻費用を受け取る側の受取額がわずかとなって相当でないという価値判断もあります。

 であるから,前回のケースでは住宅ローン全額を差し引くべきではないということになります。

 婚姻費用を支払う側は,上記の点も頭に入れた上で(アドバイスを受けた上で),婚姻費用に関する交渉,話し合いを行う必要があります。

大宮桜木町法律事務所 弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp


投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 交通事故について
  • 離婚問題
  • 相続問題
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 顧問契約
  • 一般民事・その他
  • その他取り扱い分野
アクセス


大きな地図で見る

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町
4丁目241番2号 山崎第二ビル5階A

お問い合わせ 詳しくはこちら