事務所ブログ

2015年4月 5日 日曜日

離婚 婚姻費用11 過去の生活費(婚姻費用)を請求できるか

質問 
 夫の暴力から逃れるため5年前に別居しました。別居してから一円も生活費が支払われておりません。このような場合,過去の生活費を支払ってもらうことはできますか。

回答
 婚姻費用の支払開始時期は,実務上調停を申し立てたときとされます。
 したがって,支払う側が認めない限り,別居から5年後に調停を申し立てても,過去の婚姻費用は認められない可能性があります。

 その場合でも,婚姻費用の調停と併せて離婚調停を申し立てるなどし,財産分与の中で,過去の婚姻費用の未払い分を主張することは可能とされています。

注意点
 財産分与で過去の生活費を考慮してもらうとして,離婚調停や裁判が係属していればその中で過去の生活費を主張していくことになります。

 一方,既に離婚が成立している場合,財産分与は離婚の時から2年が経過すると請求できなくなりますので(民法768条2項ただし書),離婚後2年経過してしまうと,過去の生活費も請求することができなくなります。

 権利を請求する際には,そもそも①現時点で請求することができるか,②できるとしてどのような手続きが必要か,③複数の手続きがある場合,もっとも適切な手続きは何かを慎重に考える必要があります。

大宮桜木町法律事務所 弁護士小川武士
(さいたま市大宮区の弁護士)
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp


投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 交通事故について
  • 離婚問題
  • 相続問題
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 顧問契約
  • 一般民事・その他
  • その他取り扱い分野
アクセス


大きな地図で見る

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町
4丁目241番2号 山崎第二ビル5階A

お問い合わせ 詳しくはこちら