交通事故

2015年4月 8日 水曜日

交通事故で加害者側の任意保険会社から賠償額の提示があったときに大切なこと。



加害者側の任意保険会社から、示談に向けて賠償額の提示があったとき、大切なことは、内容や意味をよく確認なさることです。
「よく分からないけれど、保険会社が言うのだから了解しよう」というのでは、交通事故の被害者として、適正な賠償を受けられない可能性があります。

交通事故の損害項目には、特に人身事故の場合、交通事故の専門用語のようなものが出てきたり、計算式がややこしかったりします。
提示してきたのは加害者側の任意保険会社ですから、そこに意味を尋ねるというのは一つの方法です。

ただ、あくまでも相手方ですので、被害者側の立場にたって相談をしたいときには、交通事故を取り扱っている弁護士にご相談いただくのは有益です。
弁護士にご相談いただいた際には、賠償額の提示内容を精査して、アドバイスを差し上げます。

もしご自身で対応なさるのがしんどい場合には、弁護士を代理人に選任して、代わりに対応してもらうこともできます。

大宮桜木町法律事務所では、交通事故に関する法律相談料は2回まで無料です。
なお、弁護士費用特約付きの保険に入られている方は有料となりますが、保険会社が一定額まで支払ってくれますので、1~2回目のご相談であれば、まず自己負担は無いと思います。

弁護士を代理人に選任する際は有料ですが、もしご相談者様の加入する任意保険等で弁護士費用特約が付いていれば、300万円まで保険会社が費用負担してくれます。
なお、重大なけがや障害を負った場合や、死亡事故でない限りは、弁護士費用が300万円を超えることはあまり無いでしょう。

いずれにいたしましても、当事務所は、ご依頼いただく際、事前に弁護士費用をご説明しますので、ご安心ください。

大宮桜木町法律事務所
弁護士 山下紘司
電話048-783-3523


投稿者 大宮桜木町法律事務所

  • 交通事故について
  • 離婚問題
  • 相続問題
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 顧問契約
  • 一般民事・その他
  • その他取り扱い分野
アクセス


大きな地図で見る

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町
4丁目241番2号 山崎第二ビル5階A

お問い合わせ 詳しくはこちら