事務所ブログ

2015年5月28日 木曜日

離婚 慰謝料13  請求側の弁護士費用の相場




弁護士が300万円の慰謝料請求事件を受任し,結果として和解が成立し,相手から200万円の支払いを受けた場合,旧日弁連報酬基準に従うと,着手金は24万(税別) ,報酬金は32万円(税別)となります。

しかし,旧日弁連報酬基準はあくまで基準で,現在,弁護士費用は各弁護士が自由に設定することができます。

そこで,相場という意味で参考になるのが,日弁連が発行している「アンケート結果にもとづく市民のための弁護士報酬の目安」です。

それによると,上記のように300万円請求し,200万円で和解した事案の場合,弁護士費用の額に関するアンケート結果は以下のとおりとなっています。

着手金(獲得を目指す経済的利益300万円)
 1 10万円前後   11.1%
 2 20万円前後   54.6% ← 旧日弁連報酬基準の算定結果
 3 30万円前後   31.2%
 4 40万円前後    1.0%
 5 50万円前後    0.7%
 6 その他       1.3%

報酬金(獲得した経済的利益200万円)
 1 10万円前後    5.6%
 2 20万円前後   53.1% 
 3 30万円前後   33.2% ← 旧日弁連報酬基準の算定結果
 4 40万円前後    4.8%
 5 50万円前後    2.4%
 6 その他       0.9%

(以上,日弁連発行の「アンケート結果にもとづく市民のための弁護士報酬の目安」を一 部抜粋)

 これをみると,着手金については旧日弁連報酬基準を目安にし,報酬を減額もしくは調整している事務所が多いように思われます。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
(埼玉県さいたま市大宮区の弁護士)
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp



投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31