事務所ブログ

2015年7月 3日 金曜日

中小企業法務 埼玉県内への転入企業の増加と弁護士の役割


会社というと東京や大坂というイメージがあります。確かに,大企業は本社を東京や大阪などの大都市に置いています。

しかし,今多くの都市が企業誘致を行っております。

そのような中,帝国データバンク大宮支店のまとめによると,ここ10年の累計で,会社の本店の転出数と転入数の差の第1位が埼玉県とのことです。

つまり,多くの企業が埼玉県内に本社を転入させているということになります。

埼玉に本社を転入する理由として,①東京に近い,②東日本へのアクセスが充実,③まとまった土地が安く手に入る,④人口が多い,⑤自然災害が少ないという条件が挙げられています(朝日新聞7/3朝刊引用)。

このように会社数は増加する一方で,中には社内に法務部がなかったり,相談できる弁護士がいないなど,法的対応のアクセスが不十分な会社様もあるかと思われます。特に埼玉県は中小企業の数が大変多い土地柄です。

したがって,我々埼玉県内の弁護士も,より充実したリーガルサービスを提供できるよう努める必要があります。

http://www.businesslawyer.jp/ 大宮桜木町法律事務所企業法務専門ページ

 大宮桜木町法律事務所
 弁護士小川武士
 電話  048-783-3523
 メール info@os-law.jp



投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31