事務所ブログ

2015年8月 3日 月曜日

自己破産15 破産と過払い



過払い金は払いすぎた利息を消費者金融等から取り戻すことをいいますが,過払い金と破産は一見矛盾しているようにもみえます。

しかし,回収見込み額によっては,過払い金を回収した上でなお破産手続きを利用するケースもあります。

以前は,回収した過払い金を元手にして,負債が残った債権者に完済できた事案も多くありましたが,最近は,過払い金が発生しても少額であったり,回収自体が困難というケースもみられます。

少ない過払い金であっても,お手元に残せたり,回収した過払い金の中から破産手続の弁護士費用や予納金を捻出することもあり,経済的更生を図る上で大切な元手となります。

過払い金が発生しても,破産をするということであれば,一部の債権者へ弁済したり,使途不明な用途に費消してはいけません。

弁護士が就いている場合は,金額によっては,弁護士が回収した過払い金を預かり,破産管財人に引き継ぐこともあるでしょう。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp



投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 交通事故について
  • 離婚問題
  • 相続問題
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 顧問契約
  • 一般民事・その他
  • その他取り扱い分野
アクセス


大きな地図で見る

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町
4丁目241番2号 山崎第二ビル5階A

お問い合わせ 詳しくはこちら