事務所ブログ

2015年8月14日 金曜日

自己破産23 夫婦の破産

夫婦がそろって破産することがあります。
この場合,夫婦で共通した債務を負っていることが多いといえます。たとえば,夫が事業資金を借り,妻がその連帯保証人となっている場合夫が住宅ローンの主債務者,妻がその連帯保証人となっている場合などです。

このようなケースで,夫婦が同時に破産申立てを行うことがあります。
同時申立といっても,あくまで別事件となります。

しかし,夫(妻)が管財手続に移行する場合,妻(夫)に20万円以上の財産がなくても,事情によっては妻(夫)も管財手続がとられることがあります

この場合,破産管財人は夫婦につき,1名選任されるのが通常です。

なお,夫婦が既に離婚して別居している場合は,破産を決意した一方が別々に申立てをすることが多いでしょう

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp


投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31