事務所ブログ

2015年11月25日 水曜日

公正証書遺言の費用はどれくらいか?



自筆証書遺言を作るのに費用はかかりません。しかし,後で無効となるリスクがありますので,自筆証書遺言はあまりお勧めできません。

それでは,公証役場で公正証書遺言を作るのに,どれくらいの費用がかかるでしょうか。

以下,事例を単純化してみていきます(遺贈は除外します。)。
公正証書遺言を残そうとしている方がいて,その資産は6000万円とします。
これを二人の子どもに2000万円,4000万円ずつ相続させるとします。

公正証書の手数料は「目的の価額」に基づき政令で決められた額で算出します。
「目的の価額」は相続させる財産の額をいいます。

ここで注意すべきは,「目的の価額」は相続人ごとに計算されるということです。
つまり,相続人が多いほど手数料が増えることになります。

したがって,上記事例の場合は,2000万円ですと2万3000円,4000万円ですと2万9000円となり,これを合算することになります。

加えて,1億円までの場合,必ず1万1000円が加算されます。

結局,上記事例の場合,6万3000円が手数料となります。
2万3000円+2万9000円+1万1000円=6万3000円

なお,公正証書手数料は全国一律です。さいたま市ですと,大宮桜木町法律事務所のすぐ近くにある大宮公証センターと浦和の浦和公証センターがあります。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp


投稿者 大宮桜木町法律事務所

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31