事務所ブログ

2014年3月31日 月曜日

時間外、休日及び深夜の割増賃金の未払いと、付加金の請求

時間外、休日及び深夜の割増賃金の未払い(労働基準法37条)がある場合、使用者は、労働者からその支払を求めて裁判所に提訴される際、その未払金のほか、これと同一額の付加金を支払うよう請求されることがあります(労働基準法114条)。

もっとも、付加金の請求は、違反のあった時から2年以内という除斥期間がついています。

弁護士山下紘司

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2014年3月30日 日曜日

お祝いの書庫

 先日,大宮桜木町法律事務所に同期の友人からお祝いの書庫(本棚)が届きました。
 先日も独立のお祝いに事務所まで駆け付けていただき,今回も高価な書庫をいただくなど,同期の方々には今でも大変よくしてもらっています。
 この場を借りて改めて御礼申し上げます。

 私は平成18年に司法修習生としてさいたま地方裁判所に配属され,裁判所,検察庁及び弁護士事務所で実務修習を経験しました。

 弁護士事務所での修習を除き,実務修習は班ごとに行われますので,当時を思うと大変懐かしいです。

 弁護士小川武士
 

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2014年3月30日 日曜日

大宮桜木町法律事務所への行き方

大宮桜木町法律事務所の最寄り駅は大宮駅で、西口側にあります。
駅から徒歩でいらっしゃる場合、当事務所への行き方は複数ありますが、分かりやすいのは次の行きかたです。

1 駅前の大通りをまっすぐ進んでください。
  大通りは右側を歩く方が事務所に近いです。

2 歩いていきますと、右側に武蔵野銀行本店営業部さんがある交差点に差し掛かります。
  交差点の名前は、桜木町四丁目といって、国道17号線(中山道)と交差します。
  交差点を渡ってください。

3 渡りましたら、右へ曲がってください。
  少し歩きますと、左側に、当事務所の入っている山崎第二ビルがあります。
  木曽路大宮店さんの斜向かいです。

弁護士山下紘司

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2014年3月27日 木曜日

初回の法律相談 メモの作成

初回の法律相談にお越しになるときは、緊張なさる方もいらっしゃると思います。
弁護士に会うのがはじめて、という方も多いのではないでしょうか。

大宮桜木町法律事務所では、できる限りリラックスしてご相談いただけるように努めておりますが、やはり初回の法律相談なので、話をうまく伝えられないかもしれません。

ただ、弁護士としましては、アドバイスをさせていただくため、早めにご相談の全体像や要点を理解する必要があるのも事実です。

そこで、もしできればでいいのですが、ご相談になる事柄について、できごとを時系列に沿って簡単なメモにしていただけると大変助かります。
ご相談の当日は、そのメモをお持ちいただき、弁護士に見せていただければ、理解の助けになると思います。

お忙しかったり、うまくメモにまとめられないという場合もあると思いますので、無理に作成なさらなくても結構です。
メモがなくても、法律相談に対応させていただくことに変わりありません。

よりスムーズなご相談のためのツールとしてご紹介させていただきました。

弁護士山下紘司

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2014年3月26日 水曜日

裁判手続と期日

 訴訟案件をお引き受けした場合,まずはご依頼の方と詳細な打ち合わせを行った上で,訴状を作成することになります。

 訴状が完成しますと,訴状の案をご依頼の方にお示しし,内容についてご了解をいただいた後,正式に訴訟提起の運びとなります。

 訴訟提起を行いますと,後日裁判所から第1回口頭弁論期日の日程調整の連絡があり,正式に期日が指定されることになります。

 通常,1か月から1か月半程度先に第1回口頭弁論期日が指定され,それまでに,被告から訴状に対する反論書面である答弁書が提出されることになります。

 裁判が始まると,しばらくは,書面(「準備書面」といいます。)による主張,立証のやりとりが続き,裁判は概ね1か月から1か月半ごとに進行していきます。

 主張書面は次回の裁判までに準備し,事前に裁判所と被告に郵便又はファクシミリで提出し,裁判のときに内容を法廷で陳述することになります。

 代理人が就いている場合,書面の送達先は弁護士事務所となり,ご依頼の方のご自宅に届くことはありません。

 裁判では書面による主張立証のやりとりが当面続きますので,裁判期日は基本的に代理人である弁護士のみが出廷し,ご依頼の方が毎回裁判所に出廷する必要はありません(これに対し,調停や労働審判等は基本的に当事者の方にもご出廷いただくことが多いです。)。

 裁判でご依頼の方にご出廷いただく場合としましては,①裁判所での審理が進み,裁判所で裁判官を交えて和解の話し合いが行われるときや②証人尋問が行われるときとなります。

 ご依頼の方が出廷しない場合には,期日経過報告書を郵送もしくはメールでお知らせし,代理人である弁護士とご依頼の方で情報を共有していくことになります。

 弁護士小川武士

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 交通事故について
  • 離婚問題
  • 相続問題
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 顧問契約
  • 一般民事・その他
  • その他取り扱い分野
アクセス


大きな地図で見る

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町
4丁目241番2号 山崎第二ビル5階A

お問い合わせ 詳しくはこちら