事務所ブログ

2014年7月31日 木曜日

破産 4 申し立て

 破産は、裁判所に申し立てをして、裁判所が「破産手続開始決定」をすることで始まります。
 開始決定後の進行は、同時廃止か管財手続かによって大きく異なりますが、いずれにしても、裁判所に書類を出せば簡単に開始されるというものではありません。
 破産に至る経緯などを書類にまとめたり、財産関係の書類を集めたり、入念な準備をする必要があります。
 なかでも、「家計の収支」(簡単な家計簿のようなものです)が2か月分必要なため、日頃から家計簿をつけているという希有な場合でなければ、準備を始めてから申し立てまでに最低2か月はかかることになります。
 破産する手間の大部分は申し立てまでにかかると言っても過言ではありません。

 弁護士 松島俊行

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2014年7月30日 水曜日

破産 3 破産に関する誤解

 破産に関しては「よくある」誤解とでも言うべきものがあります。
 ひとつは、破産をした旨が戸籍に記載されるというものですが、そのようなことはありません。
 選挙権を失って、投票できなくなるということもありません。
 親族などが法律上何かを制限されるような影響を受けることもありません。
 公務員だったとしても、破産それ自体は欠格事由ではなく、失職するわけではありません(一定の制限を受ける場合もあります)。
 破産の事実は官報には掲載されますが、専門の業者など以外が目にすることはまずないものですので、普通は自分の周囲の人に知られることもほとんどありません。
 ただ、実際に不利益がある場合もあります。
 士業などの資格を要する仕事や警備員などについては手続きが全て終わらないと就くことができないものがあります。
 また、会社の役員になっている場合も、破産手続が開始すると会社との委任契約が終了してしまうので、再度会社から選任される必要があります。

 弁護士 松島俊行

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2014年7月29日 火曜日

法律書面3

今回は賃貸借契約書を取り上げます。

賃貸借契約は、マンションを借りるときなどにも利用され、なじみの深い契約といえます。

通常は管理会社や仲介業者が備え置きの賃貸借契約書のひな形を準備しますが、当事者間で作成するときには注意が必要です。

たとえば、自宅以外の土地で、更地になっていた土地を建物所有目的で第三者に賃貸し、第三者がその土地上に建物を建て利用するケースが考えられます。

こういったケースで、特に貸し手は、借地借家法が適用される場合には注意をしなければなりません。

というのも、借地借家法によって借り手は強い保護を与えられ、極端な言い方をすれば、一度貸してしまうと半永久的に戻らないといっても過言ではないほどの強力な権利が借り手に設定されるからです。

それでは、期間を短期に限定して貸し付けをしたい場合はどうすればよいでしょうか。
インターネットで検索すると、その方法として、「一時使用目的の賃貸借契約」が出てきます。
確かに、借地借家法25条には一時使用目的の規定があり、同条が適用されると、借地借家法の更新の規定等は適用されないことになります。

しかしながら、貸し手は一時使用だと安心していても、契約設定時にしっかりとした対応をとらないと、借り手から一時使用目的を争われることがあります。

期間を契約書で短期間に明示したから大丈夫だというわけではありません。裁判例を見れば、契約書を取り交わしても、争われているケースはいくらでもあります。

一時使用目的の有無について争われた場合、判例は、①対象とされた土地の利用目的、②地上土地の種類、③設備、④構造、⑤賃貸期間等諸般の事情を考慮し、賃貸借当事者間に、短期間に限り賃貸借を存続させる合意が成立したと認められる客観的な理由があるか否かを判断基準としています。

当然のことながら、契約書をどのような形で、どのような内容で取り交わしたかは決定的に重要な証拠となってきます。
我々弁護士は、上記判例や裁判例で重視された判断要素(事実)を考慮して契約書の作成等に望みます。

一時使用目的は一つの例ですが、貸し手が賃貸借契約を締結する場合、無用なトラブルを避けるため、契約書の作成には注意しなければなりません。

賃貸借契約書の作成をお考えの方は、まずは大宮桜木町法律事務所にご相談下さい。

弁護士小川武士

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2014年7月28日 月曜日

桶川、上尾、北本、伊奈、久喜、加須、幸手、白岡の方も、大宮の弁護士へ。

大宮桜木町法律事務所では、大宮より北に位置する市町村の方からのご相談も、積極的に広く対応しております。

桶川、上尾、北本、伊奈、久喜、加須、幸手、白岡の各市町村にお住いの方や、事業所がある会社様は、ぜひご利用ください。

※対応地域は上記の市町村に限られません。

お越しになる際は、電車の場合は大宮駅をご利用ください。
お車の場合は、契約駐車場はございませんが、近くにコインパーキングなどが複数あります。
また、事務所の場所も、国道17号沿いですので、分かりやすいかと思います。

弁護士 山下紘司

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2014年7月27日 日曜日

法律書面2

 今回は、借用書、念書といった類の書面を取り上げます。

 借用書を例に挙げますと、これは借主がお金を返すことを貸主に約束する内容になるかと思います。

 ところで、当事者間の合意のことを「契約」といいます。たとえば、物を貸すという意思表示と、借りるという意思表示が合致し、借主が物を受領すれば、民法上、消費貸借契約が成立します。

 これに対し、借用書は借主の一方的意思表示にすぎない点に違いがあります。

 借用書には以下のような危険があります。

 まず、契約書よりも形式面が不十分な借用書が多く見受けられます。たとえば、借用書を差し出した日付がない、署名はあるが、押印がないなど。
 貸主からすると、これでは後で借主から自分が作ったものではないと争われる危険性があります。

 次に、契約書よりも内容が不十分な借用書が見受けられます。たとえば、いつ借りたものか分からない(契約が特定できない。)、署名部分と金額の記載部分の署名が異なる、返済方法が書かれていないなどです。

 後日裁判で借主から契約の成立を争われると、貸した側が契約の成立を証明することになりますが、内容が不十分な借用書しかなければ、立証の問題が生じ、貸主に不利益が生じかねません。

 もちろん、借用書も証拠ですし、債務の存在を認めるものである以上、時効が中断します。

 しかし、極力、後で紛争とならないよう、特段の事情がない限り、しっかりとした契約書を取り交わした方がよいでしょう。

 因みに、消費貸借契約は要物契約ですので、貸主としては、後日争われた場合、金銭を借主が受け取った事実を証明しなければなりません。

 現金の手渡しだけですと証明が困難ですので、貸主としては口座に送金するとか、受領書をもらうなどする必要があることは言うまでもありません。

 契約書の作成等についてお悩みの方は大宮桜木町法律事務所までご相談下さい。

 弁護士小川武士

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 交通事故について
  • 離婚問題
  • 相続問題
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 顧問契約
  • 一般民事・その他
  • その他取り扱い分野
アクセス


大きな地図で見る

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町
4丁目241番2号 山崎第二ビル5階A

お問い合わせ 詳しくはこちら