事務所ブログ

2015年5月29日 金曜日

離婚 慰謝料14 請求された側の弁護士費用 大宮 弁護士 ブログ



前回は請求する側の弁護士費用の例を出しました。
これに対し,請求される側が弁護士に依頼する場合,弁護士費用はどのように算出するのでしょうか。

基本的には請求する側の計算と同じとなります。ただし,以下に挙げる2番目のケースのように,請求された側が一部支払を認める場合の着手金の算定が異なります

<330万円を請求されて,請求棄却(0円)を勝ち取った場合>
着手金 
(計算)
330万円×5%+9万円=25万5000円(税別)
            =27万5400円(税込)

報酬金 
(計算)
(330万円-0円)×10%+18万円=51万円(税別)
              =55万0800円(税込)

<330万円を請求されているが,相談者は100万円の支払を最初から認め,最終的に150万円で和解した場合>

着手金  
(計算)
(330万円-100万円)×8%=18万4000円(税別)
                =19万8720円(税込)

※ この場合,ご依頼者は100万円の支払を認めておりますので,弁護士費用は,弁護士が入って差額の230万円をどこまで縮められるかという観点から計算するのが一般です。

報酬金  
(計算)
(330万円-150万円)×16%=28万8000円(税別)
                 =31万1040円(税込)

※ この場合,相手の請求金額と最終的な和解金額の差額180万円を弁護士が入った成果と見て弁護士費用を計上するのが一般です。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
(埼玉県さいたま市大宮区の弁護士)
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2015年5月28日 木曜日

離婚 慰謝料13  請求側の弁護士費用の相場




弁護士が300万円の慰謝料請求事件を受任し,結果として和解が成立し,相手から200万円の支払いを受けた場合,旧日弁連報酬基準に従うと,着手金は24万(税別) ,報酬金は32万円(税別)となります。

しかし,旧日弁連報酬基準はあくまで基準で,現在,弁護士費用は各弁護士が自由に設定することができます。

そこで,相場という意味で参考になるのが,日弁連が発行している「アンケート結果にもとづく市民のための弁護士報酬の目安」です。

それによると,上記のように300万円請求し,200万円で和解した事案の場合,弁護士費用の額に関するアンケート結果は以下のとおりとなっています。

着手金(獲得を目指す経済的利益300万円)
 1 10万円前後   11.1%
 2 20万円前後   54.6% ← 旧日弁連報酬基準の算定結果
 3 30万円前後   31.2%
 4 40万円前後    1.0%
 5 50万円前後    0.7%
 6 その他       1.3%

報酬金(獲得した経済的利益200万円)
 1 10万円前後    5.6%
 2 20万円前後   53.1% 
 3 30万円前後   33.2% ← 旧日弁連報酬基準の算定結果
 4 40万円前後    4.8%
 5 50万円前後    2.4%
 6 その他       0.9%

(以上,日弁連発行の「アンケート結果にもとづく市民のための弁護士報酬の目安」を一 部抜粋)

 これをみると,着手金については旧日弁連報酬基準を目安にし,報酬を減額もしくは調整している事務所が多いように思われます。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
(埼玉県さいたま市大宮区の弁護士)
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2015年5月27日 水曜日

離婚 慰謝料12 不貞の弁護士費用 請求側 大宮の弁護士ブログ



不貞行為に基づく慰謝料請求を弁護士に依頼する場合,弁護士費用はどれくらいかかるでしょうか。

多くの事務所が採用している旧日弁連報酬基準によると,弁護士費用は以下のように算出されます。
※ 着手金はご依頼時に,報酬金は成果が出た際,精算時にいただく費用となります。

<請求金額を250万円とし,最終的に250万円の判決が認容された場合>

着手金 21万6000円
(計算)
250万円×8%=20万円(税別)
         21万6000円(税込)

報酬金  43万2000円
(計算)
250万円×16%=40万円(税抜)
          43万2000円(税込)

<請求金額を500万円とし,最終的に320万円の和解が成立した場合>

着手金 34万円
(計算)
500万円×5%+9万円=34万円(税別)
         36万7200円(税込)

報酬金  54万円
(計算)
320万円×10%+18万円=50万円(税抜)
               54万円(税込)

大宮桜木町法律事務所では,上記旧日弁連報酬基準を目安にしながら,案件の難易度など及びご依頼者の資力に応じ,適切な弁護士費用をお見積もりいたします。

資力が乏しく,弁護士費用を支払うことが困難な場合,法テラスの利用も検討させていただきます。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
(埼玉県さいたま市大宮区の弁護士)
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2015年5月25日 月曜日

離婚 慰謝料11 不貞のトラブル 浮気をした夫婦の一方は蚊帳の外か?



不貞行為に基づく損害賠償請求裁判は,浮気をされた夫婦の一方が原告となって,夫(妻)と浮気した相手(第三者)を被告として訴えます。

したがって,浮気された側が夫であれば,被告は妻と浮気をした男性となります。
浮気された側が妻であれば,被告は夫と浮気をした女性となります。

浮気をした夫婦の一方は,原則として,裁判手続に参加することはありません。
つまり,蚊帳の外ということになります。

しかし,原告,被告の一方が,浮気をした夫婦の一方に対し,裁判に参加するよう促す手続があります。これを訴訟告知といいます。

訴訟告知を受けた場合,告知を受けた者は裁判手続に参加できます。
これを補助参加といいます(詳しい要件は省略します。)。

どのような場合に補助参加するのでしょうか。

たとえば,不貞行為に基づく損害賠償請求裁判の争点が「婚姻関係の破綻の有無」だとします。
この場合,被告は,婚姻関係破綻の事実を証明し,責任を逃れたいところですが,他人の夫婦関係が破綻していた事実を主張立証することは容易でありません。

そこで,婚姻関係破綻の事実を主張立証してもらうため,被告が浮気をした夫婦の一方に訴訟告知をすることがあります。

訴訟告知をされた場合,告知を受けた者が裁判に参加するか否かは自由です。
裁判に参加すると,参加した当事者は補助参加人という立場となります。

補助参加人は,裁判に参加した上で,被告と共同戦線をはり,「浮気をしていたとき,婚姻関係は既に破綻していたのだ」と主張・立証することができます。

もちろん,訴訟告知を受けても,補助参加せず無視することもできます。

ただし,無視した場合でも(補助参加しなかった場合でも),判決の効力は訴訟告知された者に及びます。

補助参加人でも,もちろん弁護士を代理人とすることができます。
その場合,弁護士は「補助参加人代理人」として活動します。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
(埼玉県さいたま市大宮区の弁護士)
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2015年5月22日 金曜日

他士業の先生方



他士業の先生宛に向けたページを設けました。
関心のある他士業の先生方はご覧いただければ幸いです。

http://www.os-law.jp/sigyou/

大宮桜木町法律事務所
弁護士山下紘司
弁護士小川武士
弁護士松島俊行
電 話 048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 交通事故について
  • 離婚問題
  • 相続問題
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 顧問契約
  • 一般民事・その他
  • その他取り扱い分野
アクセス


大きな地図で見る

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町
4丁目241番2号 山崎第二ビル5階A

お問い合わせ 詳しくはこちら