事務所ブログ

2016年2月29日 月曜日

債務整理研修への参加|大宮 弁護士 ブログ

2月27日の土曜日,埼玉弁護士会が主催する債務整理研修に参加して参りました。
この債務整理研修には,さいたま地方裁判所の裁判官,書記官も出席され,私も毎年参加させていただいております。

裁判官のお話で興味深かったのは,破産の同時廃止手続に関する話でした。
破産法216条第1項は,「破産財産をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるときは,破産手続開始の決定と同時に,破産手続開始の決定と同時に,破産手続廃止の決定をしなければならない。」と規定しております。

簡単にいうと,破産手続の費用を支払えるだけの財産を持っていない場合,破産開始決定と同時に破産手続は廃止されます。その後は,免責を調査する手続がとられるということを意味します。

つまり,この場合,第三者である破産管財人は選任されません。破産管財人による客観的な立場から財産の調査(財産隠しの有無)や換価(財産をお金に換えること)をすることなく,手続が終了することになるのです。

したがって,財産隠しや問題のある申立てが増えれば,同時廃止手続の制度としての信頼が損なわれることになります。申立代理人の役割が非常に大きいことを改めて学ぶことができました。

その後の書記官による申立書作成の注意点や手続選択に関するご説明も大変参考になりました。

当事務所では,破産の申立てについて,事務局に任せきりということはせず,代理人として深く関わらせていただいております。

同時廃止の案件は多数お受けしておりますが,今後とも,この手続を通じて一人でも多くの方が経済的更生(立ち直り)の機会を得て頂くためのお手伝いをしていきたいと考えております。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2016年2月26日 金曜日

遺産分割の調停はどこの裁判所に申し立てるか 管轄争い?


遺産分割調停は,どこの裁判所に申し立てをしてもいいわけではありません。
遺産分割調停の場合,「相手方の住所地」または「当事者が合意で定める家庭裁判所」となります。これを管轄といいます。

まずは前者の相手方の住所地についてみていきます。
たとえば,広島在住の父親が死亡し,3名の相続人がそれぞれさいたま,沖縄,札幌に居住しているとします。
この場合,それぞれ地元の弁護士に依頼するとなると,どこの裁判所に調停が係属するかは極めて重要となります。

たとえば,さいたまの弁護士は,「自己(依頼者)の住所地」であるさいたまの家庭裁判所に申し立てることはできません。さいたまの弁護士が札幌の裁判所に申立てを行いますと,札幌の裁判所で調停が開かれます。
そうなると,沖縄の弁護士,沖縄在住の当事者は原則として札幌まで出向く必要があり,大変です。

上記例は極端ですが,たとえば,対立する相続人2名が仙台,自分ともう一人の相続人がさいたまに居住しているケースでは,仙台に管轄をとられることは避けたいところです。

もっとも,今は法律上,電話会議システムによる審理が法律上可能となっておりますので,特に代理人の弁護士が就いている場合は,負担が軽減されたといえます。

とはいっても,なるべくであれば,直接出廷し,自己の主張を述べていきたいところです。

このように,相続人の住所地が全国にわたるケースで,当事者間の対立が激しい案件については,自己に不利な管轄をとられないため,交渉を経ずに,協議が整わないものとして,裁判所に調停を申し立てることもあります。

これに対し,既に代理人間で交渉をしているケースで,交渉を決裂させ,調停を申し立てる際には,申立書類を準備し,すぐに申立ができる状態にした上で,一言相手方代理人に調停の申立をすることを通知するようにしております。

後者の合意の件です。

たとえば,相続人が,栃木県,さいたま,群馬県にそれぞれ在住の場合で,それぞれ東京の弁護士が代理人として就いている場合,東京の弁護士としては東京家庭裁判所が一番近く慣れ親しんでいるということで,3者が合意して管轄を東京の裁判所に定めることができます。

調停をお考えの方は,どこの裁判所に調停を申し立てるかも意識する必要があるでしょう。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2016年2月 9日 火曜日

交通事故 損害賠償 | 大宮 弁護士 ブログ



日弁連交通事故相談センター東京支部が発行する「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」の2016年版が届きました。

この本は「赤い本」とも呼ばれ,交通事故の案件対応をするときに必携の本となります。

自動車の交通事故以外でも,自転車事故や学校事故,刑事事件といった損害賠償請求案件を扱う際に利用されます。

赤い本は毎年上下巻で発行され,下巻は重要な論点に関する裁判官の講演録が記載されています。扱っている案件で同様の論点がある場合は必ず参照するようにしています。

http://www.koutsu-jiko.net/

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2016年2月 5日 金曜日

管財人等協議会の出席


昨日,さいたまの裁判所において管財人等協議会が開催され,出席してまいりました。

管財人業務として注意すべき点について意見交換がなされるとともに,裁判所として申立代理人,管財人に期待する点を聞くことができ,大変有意義でした。
また,ベテランの先生の案件処理について学ぶこともでき,大変参考になりました。

大宮桜木町法律事務所では,破産の申立代理人,破産管財人を担当させていただくことがありますが,昨日の協議会で得た知識を活かしていきたいと考えております。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2016年2月 2日 火曜日

大宮桜木町法律事務所の法律相談|メールでのお問い合わせ


大宮桜木町法律事務所では,お電話による法律相談のお問い合わせのほかに,メールでのお問い合わせも承っております。

メールでのお問い合わせの場合,お名前,メールアドレス,ご住所,電話番号及びご相談内容等をお問い合わせフォームにご記入の上,ご送信いただく形となります。

これら個人情報につきましては,外部に漏れることはありませんのでご安心下さい。

当事務所にて内容を確認の上,後日メールでご返信またはお電話させていただきます。
その上で,必要に応じ,日程等を調整させていただくことになります。

なお,いずれにしても,ご相談自体は原則として当事務所までご来所いただき,直接お会いした上で行うことになります。

いきなり電話するのはためらってしまうという方はメールでのお問い合わせもご利用下さい。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 交通事故について
  • 離婚問題
  • 相続問題
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 顧問契約
  • 一般民事・その他
  • その他取り扱い分野
アクセス


大きな地図で見る

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町
4丁目241番2号 山崎第二ビル5階A

お問い合わせ 詳しくはこちら