事務所ブログ

2016年10月21日 金曜日

裁判所の期日は急に決まるのか?


裁判,調停及び破産の債務者審尋など,裁判所の手続には様々なものがあります。
手続の中には,ご依頼者本人に裁判所に出廷いただく必要があるケースもあります。

この場合,裁判の日程などは突然決まるのでしょうか。
裁判所の執務時間は平日の10時から5時までとなりますので,お仕事をされている方からしたら気になるかもしれません。

しかし,いずれの手続も,事前に,裁判所から代理人宛いくつかの期日候補日の打診があります。通常の裁判ですと,期日は1か月程度先の候補日がいくつか挙げられます。

ご依頼者の出廷・同行が必要な場合には,弁護士の日程と調整した上で,出廷可能な日を裁判所に連絡することになります。

したがって,ある程度余裕をもって期日が指定されることになります。

もっとも,仮差押,仮処分といった保全手続など,急ぎ期日を入れる必要がある場合でご依頼者の同行が必要な場合もあります。この際は期日を優先いただくことが多いでしょう。

遺産分割,離婚の調停等では,裁判所(調停委員),双方の当事者,代理人の予定を合わせなければならず,次回期日が2か月近く空いてしまうこともあります。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2016年10月19日 水曜日

同時廃止手続で裁判所への出廷を要しない場合


さいたまの裁判所では,集団免責審尋期日は,原則として破産した方が出廷しなければなりません。

しかし,特別な事情がある場合には,出廷しないケースもあり得ます。たとえば,破産する方が身体障害者の方で,出廷が困難な場合に集団免責審尋期日を経ずに免責決定をいただいた経験があります。

なお,単に体調の不調やうつ病などの精神疾患だけでは,原則どおり出廷が必要となるものと思われます。

その他,裁判所によっては,同時廃止の場合,原則として書面審理のみの運用とする裁判所もあります。この運用の場合,そもそも裁判所に出廷することはありません。

個人的には,破産した方の新たな決意のためにも,一度は裁判所に出廷して裁判官の話を伺うことは重要なことではないかと考えております。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2016年10月18日 火曜日

お客様の声を更新しました。

お客様の声を更新しました。

http://www.os-law.jp/okyakusamanokoe/

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2016年10月18日 火曜日

お客様の声を更新しました。


大宮桜木町法律事務所では,お客様の声を更新しました。

http://www.os-law.jp/okyakusamanokoe/


今回のお客様の声の中にありますとおり,案件のご依頼を受けた場合にどれくらいの回数事務所に足を運ぶかは気になるところです。

どのような案件でも,委任契約の締結,案件の終了時にはご来所いただくようにしております。
その間の回数については,案件の内容等によって異なります

一般的に,訴訟(裁判)案件ですと,こちらが反論書面を出す場合には,ご依頼者にご来所いただき,打ち合わせをすることが多いといえます。
裁判案件の場合,相手の主張書面の一文一文を確かめながら,反論書面を作成していきますので,ご来所いただいた方がスムースな場合が多いのです。

一方,破産などの借金整理については,ある程度資料を揃えていただいた上で,ご来所いただくことが多いといえます。間の打ち合わせについても,大宮桜木町法律事務所では,全て弁護士が対応しております。

遠方にお住まいのご依頼者の方につきましては,郵便,メール,電話で対応したり,日中お仕事のある方は,夜間に打ち合わせをするなど,なるべくご負担をかけないように心がけております。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2016年10月17日 月曜日

破産 集団免責審尋期日では何が行われるか


さいたまの裁判所では,同時廃止決定をいただいた場合,事前の債務者審尋期日への出廷を裁判所から求められない限り,集団免責審尋期日に出廷します。

集団免責審尋期日は,概ね破産開始決定の後,3か月程度空けた時期に指定されます。
この間に債権者の意見を聞くことになります。

集団免責審尋期日では,裁判官から,①破産手続はどのような制度か,②申立書の内容に誤りがないか,債権者に漏れはないか,③2度目の破産は原則としてできないことなどの一般的な話があります。

集団免責審尋期日では,裁判官から個別に質問をうけたりすることは原則としてありません。
時間も概ね10分以内で終わることが多いでしょう。審尋期日には代理人の弁護士も同席します。

なお,集団免責審尋期日で免責が決定されることはありません。1週間ほどして代理人の弁護士事務所宛に免責決定書が送られることになります。

弁護士の破産申立代理業務は,免責決定が出ると終了します。

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 交通事故について
  • 離婚問題
  • 相続問題
  • 借金問題
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 顧問契約
  • 一般民事・その他
  • その他取り扱い分野
アクセス


大きな地図で見る

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町
4丁目241番2号 山崎第二ビル5階A

お問い合わせ 詳しくはこちら