離婚

2014年8月29日 金曜日

離婚と親権。大宮の弁護士のブログ。

お子さんがいるご夫婦が離婚する場合、親権をどちらにするか、決めなければなりません。

それぞれお子さんへの愛情がありますから、親権をめぐって、争いになることがあります。

離婚の協議で決着がつかない場合、離婚調停の中で話し合いをすることになります。

親権は様々な要素を検討して決められます。
子供の年齢によっても違います。
ただ、少なくとも、現状の変更をしようとする方が、有利とは言えない傾向にあると思います。

そうすると、事案によりけりですが、子供が普通に安定した生活を送れている限り、子供と離れて暮らせば暮らすほど、離れている方が不利になりやすいかもしれません。

弁護士 山下紘司

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2014年8月29日 金曜日

離婚と財産分与。大宮の弁護士のブログ。

財産分与には、清算的な意味合いで言われることと、扶養的な意味合いで言われることがあります。

清算的な財産分与は、婚姻中に作られた財産ならばこれを清算しようというものです。なお、特有財産(相続など)を除きます。
ここでは、清算的財産分与を取り上げます。

財産分与の対象になる財産であれば、名義を問わず、基本的に半分ずつ分けるものだと考えてよいでしょう。

お互いにきちんと財産開示をして、納得して財産分与が合意に至れば良い事です。

しかし、たとえば、「相手方は、存在するはずの財産を、無いように言っているようだ」、といった例でお困りの方も、いらっしゃると思います。
この場合、財産分与を請求する側が確たる証拠を握っていれば別ですが、そうでない限り、その分に関する請求が認められないかもしれませんので、注意が必要です。

また、プラスの財産をどう分けるかだけでなく、負債の問題、特に住宅ローンを抱える場合には、どう調整するかが問題になります。

財産分与でお悩みの方は、一度法律相談をご利用いただければと思います。

弁護士 山下紘司

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2014年8月28日 木曜日

離婚と不貞行為の慰謝料請求

相手方の不貞行為により離婚に至った場合、慰謝料請求できる可能性があります。

しかしながら、相手方が不貞行為を争った場合は、簡単に認められるわけでもありません。
不貞行為を立証する必要があるからです。

相手方が不貞行為を行っている疑いが強いと思っているときでも、立証できないがゆえに、負けてしまうこともあり得ます。

仮に立証できたとしても、判決などでは、不貞行為の慰謝料は、思ったより金額がいかないことがあります。

そして、勝訴判決を得ても、現実に相手方が支払わないときには、今度は強制執行を考えなければなりません。

不貞行為の慰謝料請求といっても、立証、認容金額の高低、強制執行の容易性など、様々なことを考えておく必要があります。
弁護士は、こうしたことも念頭に置きながらお話を伺います。

不貞行為の慰謝料問題でお困りの方は、一度ご相談ください。

弁護士 山下紘司

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2014年8月28日 木曜日

性格の不一致だけで離婚できるか

性格の不一致だけを理由に、離婚を求めることができるでしょうか。

日本では協議離婚が認められています。
ですから、理由はどうであれ、夫婦が合意すれば離婚をすることができます。
そのため、性格の不一致を理由にしても、相手が了解すれば、離婚に至ります。

問題なのは、性格の不一致だけを理由にして、一方的に(つまり法的手続で)離婚できるかです。

民法770条には、離婚理由として次の5つが掲げられています。
不貞行為
悪意で遺棄
生死が3年以上明らかでない
強度の精神病にかかり回復の見込みがない
その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

はじめの4つは、5つめの婚姻を継続し難い重大な事由の例示と考えられています。
そのため、性格の不一致が、この婚姻を継続し難い重大な事由にあたるかを検討することになります。

しかしながら、基本的に、性格の不一致だけでは、この要件を満たさないとされています。

ただし、性格の不一致だと言っても、内容は様々です。
ですから、法的に認められるような離婚原因が隠れていないか、確認が必要です。

ご相談にお越しの際は、事情を詳しくお聞かせください。

弁護士 山下紘司

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL