離婚

2015年6月11日 木曜日

離婚慰謝料を支払うのは誰か|さいたま市大宮の弁護士のブログ

離婚慰謝料は、常に夫が妻に支払うのでしょうか。

いいえ。夫だから、あるいは、妻だから、離婚慰謝料を支払うものではありません。
つまり、妻の側が常にもらえるわけではないのです。

離婚慰謝料は、離婚の理由を作った方が支払うものです。どちらも責任のない離婚では、慰謝料は請求できません。

また、もし相手方に責任がある離婚で慰謝料が発生しそうだとしても、きちんと証拠をそろえて立証できるかを、よく検討しておく必要があります。
相手方がいざ否定したときに、証拠があるかどうかは、特に裁判では大切なことだからです。

離婚慰謝料の相場としては、思ったほど金額が行かない事態も想定しておく必要があります。
そして、相手方に資力があって、実際に回収できるかも要検討です。

相手方に資力が全然なく、定職についていない事案では、仮に裁判所で離婚慰謝料が認められても、回収が困難になる可能性があるからです。

大宮桜木町法律事務所では、離婚慰謝料に関する案件も対応しています。
お困りの際は、弁護士にご相談ください。

さいたま市大宮の弁護士
大宮桜木町法律事務所
弁護士 山下紘司
お問い合わせ 048-783-3523

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL

2015年6月 1日 月曜日

離婚 慰謝料15 不貞の弁護士費用 請求された側の費用相場



今回は,不貞の慰謝料請求事件のうち,請求された側の弁護士費用について,日弁連が発行している「アンケート結果にもとづく市民のための弁護士報酬の目安」で弁護士費用の相場を見てみます。

それによると,相手が裁判で300万円を請求し,200万円で和解した事案の場合,弁護士費用に関するアンケート結果は以下のとおりとなっています。

着手金
 1 10万円前後   11.6%
 2 20万円前後   52.5% 
 3 30万円前後   32.3%
 4 40万円前後    1.1%
 5 50万円前後    1.2%
 6 その他       1.3%

報酬金
 1 10万円前後   44.3% ← 旧日弁連報酬基準(100万×16%)
 2 20万円前後   29.5% 
 3 30万円前後   16.1% 
 4 40万円前後    1.8%
 5 50万円前後    1.5%
 6 その他       7.0%

(以上,日弁連発行の「アンケート結果にもとづく市民のための弁護士報酬の目安」を一 部抜粋)

大宮桜木町法律事務所
弁護士小川武士
(埼玉県さいたま市大宮区の弁護士)
電話  048-783-3523
メール info@os-law.jp

投稿者 大宮桜木町法律事務所 | 記事URL