お電話でのお問い合わせ例

ご予約までの流れ

加害者が加入している任意保険会社の提示は、適正な損害額とはいえない場合があります

お電話での法律相談のお問い合わせは、概ね以下のとおりとなります。
なお、以下のやりとりは架空の事例です。電話対応の流れも一つの例となります。

(ご相談者)
「法律相談をお願いしたいのですが・・・。」

(大宮桜木町法律事務所)
「はじめてのご相談になりますでしょうか。」

(ご相談者)
「はい。」

(大宮桜木町法律事務所)
「お名前をよろしいでしょうか。」

(ご相談者)
「さいたま市の(お名前)です。」

(大宮桜木町法律事務所)
「当事務所はどちらでお知りになりましたでしょうか。」

(ご相談者)
「ホームページを見て電話しました。」

(大宮桜木町法律事務所)
「ありがとうございます。法律相談ですと,ご来所いただいた上でご相談いただくことになりますが,よろしいでしょうか。」

(ご相談者)
「はい。是非お願いしたいです。」

(大宮桜木町法律事務所)
「簡単で結構ですが,内容としてはどのようなご相談になりますでしょうか。」

(ご相談者)
「はい。弁護士名で内容証明郵便が送られてきてびっくりして電話しました。内容は遺留分減殺請求と書いてあります。」

(大宮桜木町法律事務所)
「かしこまりました。その場合,30分5000円の法律相談料を頂戴しておりますが,よろしいでしょうか。」

(ご相談者)
「はい。」

(大宮桜木町法律事務所)
「それでは日程を調整いたします。ご希望の日程はございますか。」

(ご相談者)
「早めでお願いしたいです。4月1日はどうでしょうか。」

(大宮桜木町法律事務所)
「4月1日ですね,弁護士のスケジュールを確認いたしますので,少しお待ち下さい。お待たせいたしました。4月1日は午後1時であればお受けできますが,いかがでしょうか。」

(ご相談者)
「はい。結構です。」

(大宮桜木町法律事務所)
「それでは,内容証明郵便など,ご相談に当たって資料がある場合には,お持ち下さい。また,念のため認め印をお持ち下さい。」

(ご相談者)
「分かりました。ちょっとお聞きしたいのですが,相談をしたら弁護士さんにお願いしたことになるのでしょうか。」

(大宮桜木町法律事務所)
「いえ。そのようなことはございません。法律相談はあくまでご相談のみとなります。その後ご依頼なさる場合は弁護士費用を決め,委任契約を締結することになります。まずは法律相談を受けていただければと思います。」

(ご相談者)
「安心しました。それでは,4月1日午後1時に伺いますので,宜しくお願いいたします。」